• 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品
  • 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品
  • 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品
  • 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品
  • 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品
  • 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品
  • 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品
登場! 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品 人文
  • 当日発送
  • 送料無料

登場! 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品 人文

お気に入りブランド
販売価格 :

5100税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
登場! 大乗仏典 中国・日本篇 1「大智度論」中央公論社 美品 人文
販売価格:¥5100 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

写真が全てです。大乗仏典 中国・日本篇1「大智度論」中央公論社経年の傷みありますが、大事に保管しておりました。お探しの方お譲り致します。また、新品ではありませんので神経質な方の入札はお控えください。
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>人文
商品の状態:やや傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:佐川急便/日本郵便
発送元の地域:東京都
発送までの日数:4~7日で発送

商品の説明

大乗仏典―中国・日本篇 (第1巻) 大智度論
大乗仏典―中国・日本篇 (第1巻) 大智度論
入荷中 大乗仏典 1「大智度論」中央公論社 中国・日本篇 人文/社会
入荷中 大乗仏典 1「大智度論」中央公論社 中国・日本篇 人文/社会
大乗仏典―中国・日本篇 (第1巻) 大智度論 | 梶山 雄一, 赤松 明彦 |本
大乗仏典―中国・日本篇 (第1巻) 大智度論 | 梶山 雄一, 赤松 明彦 |本
大乗仏典 (1) (中公文庫 S 18-1) | 長尾 雅人, 戸崎 広正 |本 | 通販
大乗仏典 (1) (中公文庫 S 18-1) | 長尾 雅人, 戸崎 広正 |本 | 通販
Yahoo!オークション - ○01)【同梱不可】大乗仏典/中国・日本篇/第1巻
Yahoo!オークション - ○01)【同梱不可】大乗仏典/中国・日本篇/第1巻

最新のクチコミ

★★★★★

沢山出ているマドカ本の中でも読み応えでは一番だと思います!さやわか&ばるぼら対談が◎♪〜

  • たぁちゃん0714
  • 30歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

koboを購入したので、青空文庫で本を探す際に参考になればと思い購入しました。題名は知っていても、中身までは良く知らない話が多かったので、興味深く読めました。気になった本は青空文庫からダウンロードして読みたいと思います。

  • to812
  • 38歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

頼まれて購入。新聞で評価されていたらしい。作家の奥さんが書いた本だとの事で,その作家さん自身の本は読んだ事が無いそうだが,奥さんの本は充分面白く読めたらしい。

  • tmfanks
  • 26歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

姜尚中氏「悩む力」読書後、漱石のことをもう少し勉強 しようと、いろんな本を読みつつあるなか、漱石の孫の 婿にあたる半藤氏から見た漱石はどういう人物なのかを 知りたくて購入しました。 氏の著作は「昭和史」始め「幕末史」等少しは読んでいま すが、平易な語り口で物語って呉そうです。到着待ちです。

  • 果物がすき
  • 34歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

文字とは違った映像の世界が司馬先生の世界を大きく膨らませます。 一枚の写真がここまで語るのですね。

  • パーオン野郎
  • 42歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★

これから村上春樹を読もうと思っている方にお勧めです。初心者向け。上級者はもっと難しい解説書をどうぞ。

  • inashin41
  • 30歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

林養賢という21歳の僧侶によって放火され、一度は炎上・消失した金閣寺。 この事件に異様なまでに関心を示し、本になした2人の同時代の作家・・・「金閣寺」の三島由紀夫、「五番町夕霧楼」「金閣炎上」の水上勉。性格も作風も生き様もまるで異なる2人が、なぜ金閣放火事件に注目したのか。どのように事件に対し、そして犯人の心理へアプローチしていったのか。この2点を軸に、戦後日本の「表日本」「裏日本」問題、三島・水上の人生観に迫っていく本です。 三島・水上文学を例に出すまでもなく、表と裏がまだカッチリと分かれていた時代の日本は、その後「裏日本」という単語を放送禁止にして「差別はすでにないもの」とするいつもの手法で「なかったこと」にしてきました。 震災後、80年代以降にそういう形で「なかったこと」にされていたものがいろいろな形で顔を出していますが、これは今読むのにこそ最適な本ではないでしょうか。 ※なんだか書き足りないので8月22日のブログに長文感想書いてみました。

  • rita 1979
  • 38歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品